mtm-prof-1
Tadakuma Ryosuke | MTM(More The Man)

Tadakuma Ryosuke / drum

Tanzawa Seiji | MTM(More The Man)

Tanzawa Seiji /  tenor sax

Maruyama Chikao |MTM(More The Man)

Maruyama Chikao / guitar

Umeda Seiji |MTM(More The Man)

Umeda Masashi / bass

Dikiv |MTM(More The Man)

Daikiv / keyboard

mtm-prof-yamada

Yamada Takezo / trumpet

Hiyamuta Tatsuyuki  冷牟田竜之 / producer

1987年、BLUE TONICにてメジャーデビュー。1988年東京スカパラダイスオーケストラへ正式に加入。

1989年BLUE TONICは惜しまれながらも解散。活動は東京スカパラダイスオーケストラにスイッチする事になった。1990年に同バンド(以下スカパラ)でメジャーデビューを果たす。

冷牟田竜之個人としての活動は、1988年、下北沢ZOOにてDJ開始。1990年には芝浦GOLDでレギュラーDJに抜擢され本格的にDJ活動を開始する。

以降、北から南まで全国のクラブを隈なくツアー。

様々なジャンルを跨ぎ自身をフィルターにアッパーな選曲が支持される。

スカパラがAVEXに移籍するタイミングで、青木(dr)と共にJUSTA RECORDを発足し主導。リミキサーとしても活動開始。

自身でリミックスした楽曲をバンドで演奏するスタイルを確立し、ルパン三世のテーマは以降スカパラの代表曲になった。

また同時期 hot hip trampoline schoolのレコーディングでプロデュース開始。

スカパラの火の玉ジャイブ~

FULL TENTION BEATERSをプロデュース。

1990年にはFPMらと共にSPEED KING結成。1stアルバムをFPMと共同プロデュース。SPEED KINGはデビュー公演を武道館で開催、成功させた。

1999年には自身がプロデュースするイベントTabooをスタートさせる。翌年 中村達也・チバユウスケらと共にDJチームRoc-Brothers結成。

Tabooは2006年の恵比寿ガーデンホールに2000人の動員を誇るまでに成長。

2013年12月には渋谷AXにて同イベントを開催しオーディエンスを熱狂させた。

2014年にはTaboo開始から丸15周年を迎えるが、冷牟田自身がアーティスト・DJをブッキングする気鋭のラインナップが支持され、イベント自体にすでにファンが定着しており、現在まで継続・躍進中。

バンドを牽引すると共に、DJ、プロデュースにおいても勢力的に活動している。

prof-hiyamuta
mtm-prof-2