〜鬼滅の刃グッズ・おもちゃの在庫や入荷情報まとめ〜

SHEIN(シーイン)でクレジットカード利用は大丈夫?危険性も!

スポンサーリンク
oyakudachi
スポンサーリンク

ユニクロやGUなどのファストファッションに続きそうなファッションブランドSHEIN(シーイン)

取り扱っているアイテムの種類が豊富で、洋服からインテリアグッズなども販売されています。

 

さらに価格がとてもお手頃であったり、クーポンが使えたりと魅力が沢山詰まっているサイトです。

SHEINは、海外から発送されていることもあり、支払い時のクレジットカードの利用が心配ですよね。

そこで、SHEINでクレジットカードの利用が大丈夫かどうか調べていこうと思います。

それでは、早速始めてまいりましょう。

 

スポンサーリンク

SHEIN(シーイン)でクレジットカード利用は大丈夫?

SHEINでクレジットカードの利用は大丈夫なのか不安という声がちらほら見受けられます。

日本の企業ではないので、心配になりますよね。

 

 

SHEINのみならず、ネットでクレジットカードを利用するのは、避けたほうがいいかもしれません

不正利用された方が多いわけではないですが、クレジットカードを登録すると不正利用されるリスクが出てくるので、クレジットカード支払い以外の支払い方法で購入されるのがおすすめです。

 

SHEINの支払い方法は?

SHEINの決済方法を確認していきましょう!

 

支払い方法は、

①クレジットカード

②デビットカード

③オンライン決済

PayPal、Apple Pay

④コンビニ支払い

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート

安全にお買い物をするには、この支払い方法の中ですと、

「コンビニ払い」

「PayPal払い」

この2つの利用がおすすめです。

「PayPal払い」は、オンライン決済サービスとなっていて、支払い方法は、クレジットカード、デビットカード、銀行口座になります。

 

 

 

PayPalを利用されている方も少なくなさそうですね。

ネット決済をされたくない方は、「コンビニ払い」が一番安全です。

 

スポンサーリンク

SHEIN(シーイン)の危険性は?

SHEINが危険と思われる理由は、海外のファッションブランドであることと、価格がとても安いことではないでしょうか。

 

SHEINに限らず、ネットでは情報漏洩のリスクがつきものです。

日本でも起こっているので、ネットでクレジットカードでの利用をされる際は、気をつけた方がいいでしょう。

 

そして、SHEINの安さの理由も探っていきましょう。

 

・最先端テクノロジーの活用
SHEINは「ロボットを活用したスマートファクトリー」や「AIを活用したトレンド分析」などの最先端テクノロジーにより、豊富なデザインの少量生産を可能にしています。

新商品についても少量生産が実現したことで、余剰在庫のリスクを究極まで低減し、低価格での商品提供ができるようになっています。

 

・生産量の最適化
最新テクノロジーを活用して商品の販売状況を常にモニタリングしています。

各新商品の再生産の量やタイミングを精緻に推定し、必要の分だけ最適なタイミングで再生産を行っています。在庫切れや在庫滞留を最低限に抑え、低価格での商品提供を可能です。

 

・店舗を持たない
SHEINの製品は工場付近のメガ倉庫から世界中の消費者に直接お届けしています。

実店舗がなく、オンラインのみで営業している点も大幅なコストカットにつながっています。

 

安いのには、実店舗を持たなかったり、最新のロボットの技術を使用することにより、かかる経費を削減しているのですね。

 

それだけでなく、SHEIN(シーイン)は、約150以上の国と地域で展開されているファッションブランドで、
アメリカのECサイトでランキング2位に君臨するほど世界中で人気となっています。

2021年1年間の世界でのダウンロード数は1.9億回!

これは、かなり凄い数ですよね。

日本でも常にiOS APP Storeのショッピングカテゴリーで、アマゾン・楽天市場・メルカリ・ZOZOTOWNを抜いてダウンロードランキング1-2位を占めています。

世界で名のしれたファッションブランドですね^^

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、「SHEIN(シーイン)でクレジットカード利用は大丈夫?危険性も!」と題して送りしてまいりました。

SHIEN(シーイン)でお買い物をされる際は、サイトでのクレジットカード登録を行わずに、コンビニ払いかPayPal払いを利用されるのがいいですね。

いいお買い物をしてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました