〜鬼滅の刃グッズ・おもちゃの在庫や入荷情報まとめ〜

ハウルの動く城|探したよに隠された伏線の意味とは?指輪が光る理由も!

スポンサーリンク
howl
スポンサーリンク

ハウルの動く城は、何回も視聴したくなる大人向けの作品。

ジブリシリーズの中でも1、2を争うほど人気となっていますね。

 

ハウルの動く城は、物語の中であらゆる箇所に何かしらの意味合いが含まれている部分が多いです。

 

今回は、初対面のはずのハウルがソフィーと会った時に「探したよ」と言った意味や伏線について調べていこうと思います。

それでは、早速始めてまいりましょう。

 

スポンサーリンク

ハウルの動く城|探したよに隠された伏線の意味とは?

兵士にナンパされていたソフィーに初対面のはずのハウルが、

 

「やぁやぁごめんごめん、探したよ」

 

とソフィーに話かけていました。

ただ、ソフィーを助けるためにハウルが発言した内容だと思っていましたが、実はこの言葉には、深い意味が会ったのです。

 

この出会いは、偶然ではなかったんです。

 

 

 

実は、ハウルとソフィーは幼少期に会っていました

 

そのシーンは物語の後半で出てきます。

 

ハウルが戦争を止めようと立ち向かうも、止めることができずにボロボロに、、。

そんなハウルを助けたい一心でソフィー はハウルの元へ城を動かすのです。

 

その後、指輪が光り、ハウルの過去にソフィーがワープしました。

 

 

過去にワープしたソフィーは、ハウルが星の子と契約し、炎の悪魔カルシファーが誕生するシーンを目撃。

 

そこで指輪が壊れてしまうのですが、その時にソフィーが、子供時代のハウルに

 

「ハウルー、カルシファー!

あたしはソフィー!

待ってて、あたしきっと行くから!

未来で待ってて!」

 

と言ったので、ハウルはソフィーの言葉を信じて待っていました。

 

 

大人になってやっとソフィーを見つけることができたので、

「探したよ」とハウルが言ったのです。

 

 

 

偶然に見えて、本当はずっと探していたんですね^^

 

 

分かりやすくまとめると、、、

 

①過去にタイムスリップして、少年時代のハウルが星の子と契約し、炎の悪魔カルシファーが誕生するシーンを目撃

 

②指輪に思いを込めすぎて壊れ、現在に戻る時ハウルに

「ハウルー、カルシファー!あたしはソフィー!待ってて、あたしきっと行くから!未来で待ってて!」と伝える

 

③ハウルが指輪を元にソフィーを探し、出会う

 

この流れでようやく「探したよ」の意味が理解できますね♪

 

 

スポンサーリンク

 

指輪が光る理由も!

ハウルの動く城でポイントとなる「指輪」

 

指輪が光るシーンが何回かあるのですが、光る意味は何なのでしょうか。

 

この指輪は、「大切な人のところへ導く指輪」だと思います。

 

 

1回目は、ナンパされているソフィーをハウルが助けるシーン

 

ハウルが「やあ、ごめんごめん探したよ」と声をかけ、ソフィーを救うために知り合いのようにしていたところで一瞬、ハウルのつけていた指輪が光るのです。

 

 

 

少年時代のハウルがソフィーを探していて、やっと見つけ出せたという意味で指輪が光ったんですね^^

 

この時の指輪は、赤色で光っています。

 

 

そして、王宮のサリマンの元からハウルの動く城に戻る時

 

 

指輪が導いてくれるからとハウルからお守として渡されていましたね。

 

この指輪が青色に光る意味として考えられるのは、
ハウルがソフィーが無事であることを願いソフィーのためにかけた魔法だと思います。

 

相手を想い指輪に願いを込めるなんて、とても素敵ですよね。

それだけ相手を思いやる気持ちが育まれていたんでしょう^^

 

 

ソフィーが若返る理由はこちらに詳しく記載しています。

 

 

 

ハウルを追っている黒い物体は何かについてはこちらの記事に書いています。

 

 

 

\ジブリ作品が借りれるのはTSUTAYAディスカス/



 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、「ハウルの動く城|探したよに隠された伏線の意味とは?指輪が光る理由も!」と題してお送りしてまいりました。

序盤の指輪と後半の場面が伏線になっていたのは、何回も視聴しないと気づかないポイントでしたね。

この作品は、後からここはどう何だろう?と思う場面が多いかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
howl
スポンサーリンク
スポンサーリンク
naruをフォローする
モアザちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました